トップ観光舞台探訪、聖地巡礼>金田一耕助


満奇洞/金田一耕助シリーズ聖地巡礼

 金田一耕助シリーズの『八つ墓村』に登場した鍾乳洞、『悪霊島』へ登場した洞窟の描写が、作品の緻密な推理と共に印象に残っているという方もおられるのではないでしょうか。

 八つ墓村・悪霊島の洞窟のモデル
 実はこれらの洞窟には、岡山でモデルとなったであろう場所が存在します。
 それは新見市にある『満奇洞』という鍾乳洞で、県指定の天然記念物にもなっている場所です。

 県内ではもう一箇所、『井倉洞』という鍾乳洞も有名なのですが、作品中に登場する緊張感溢れる雰囲気はやはり満奇洞が有力なのでは無いかと思わせる雰囲気が有ります。

 八つ墓村ではこの中で主人公とヒロインが結ばれたり、殺人が起こったりしましたね。

 満奇洞とは
 満奇洞は有料で見学することも出来、硬貨を投げ入れると願いが叶うといった言い伝えまである場所です。
 その独特の雰囲気に感動した与謝野晶子さんが「奇趣に満ちた洞」と評した事から、満奇洞という名称になりました。

 真夏でもヒヤッとした
涼しい雰囲気の場所です。

 ところで余談ですが、写真中央辺りにいる女性。
 岡山県提供の写真に写っていたものですが、二つの作品を観てからこの写真を見ると…、ちょっとゾクっとしませんか(笑)。

写真提供:岡山県

TOPへ戻る


ページのトップへ戻る