TOP番外編・各都道府県の県名の由来>愛知県

地名の由来:愛知

愛知の地名の由来

 愛を知ると書いて、愛知。
 おしゃれな県名ですが、実は県名は愛ではなく土地柄に由来しています。

 愛知県はかつて年魚市吾湯市等と書き、読み方もあゆちと読みました。

 【あゆ】には湧き水の意味があり、要するに湧き水の出る土地…水資源が豊富な土地だった事を指している地名だと考えられています。
 他にもあゆを東風の旧称であるとする説や、東方へ向かう準備をする場所から【足結(あゆ)道】と言った説も伝えられています。
 

トヨタの本拠地

 愛知県といえば、世界的な自動車メーカーであるトヨタ自動車の本社がある県です。
 本社所在地である豊田市は、元々は挙母(ころも)市という名称でした。

 しかし1959年に豊田市へと変更されました。
 これはトヨタ自動車の社名から採られたもので、トヨタ自動車の恩恵で自動車産業の盛んな都市に育っていた事や、挙母市という地名が難読なので変更したいと考える人が少なくなかった為だと言われています。

 様々な議論の末に改称されましたが、日本国内の市名で企業の名前を市名に採用しているのは、現在でも豊田市だけです。


 -戻る-

関連リンク


写真:愛知県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る