TOP番外編・各都道府県の県名の由来>愛媛県

地名の由来:愛媛

愛媛の地名の由来

 愛媛県の地名は古事記にも【愛比売】という書き方で登場しており、非常に歴史のある地名です。

 愛媛というのは美しい女神を指す言葉です。
 伊予国に宿る神の名前で、それがそのまま県名に用いられています。

 愛媛の意味には大きく2説あります。
 まず織物が盛んな地域であった事に由来するという説。
 そして四国の古い呼び方である伊予二名島の、兄となる部分という事で兄(あに)姫が転じて愛媛となったとも言われています。
 

愛媛とみかん

 愛媛県と言えばミカン…というイメージが強い方も多いと思います。

 しかし実は愛媛県のミカンの生産量は都道府県別で、全国2位。
 1位は和歌山県です。

 長らく愛媛県が日本一の産地だったのですが、徐々に農家が柑橘系全般の生産へとシフトしていった為に、ミカンの生産は減少していったのです。
 なのでミカンこそ2位になったものの、柑橘系全体で見ると、やっぱり愛媛県が一位なのです。


 -戻る-

関連リンク


写真:愛媛県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る