TOP番外編・各都道府県の県名の由来>福島県

地名の由来:福島

福島の地名の由来

 福島県の地名は、お城の名前として採用された事から生じたものと考えられています。
 木村吉清が居城とした杉目城の名称を、福島城に変更しました。
 これが文禄年間の事です。

 福島は周辺で節風の【吾妻おろし】が吹く事に由来しています。
 高台から見ると、まるで島のように見えた信夫山に、吾妻おろしが吹く様子から、吹島となり、縁起のいい福に漢字が転じて福島という名前が生まれました。

福島県と県庁所在地

 廃藩置県の際、福島県は僅かな期間だけ二本松県となっています。
 しかしすぐに現在の福島市に県庁の移転が行われ、それに伴い県の名称も福島県となりました。

 それ以降はずっと福島市が県庁所在地ですが、実は過去に県庁所在地を動かす計画が出ていました。
 この案は福島県内では賛成多数で可決されており、実際に内務省に申請が行われたのですが、残念ながら却下されています。

 福島市が県の北端にあり、アクセスの面や都市の規模などの事情もあり、現在でも少なからず郡山市に県庁を…という意見があるそうです。


 -戻る-

関連リンク


写真:福島県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る