TOP番外編・各都道府県の県名の由来>熊本県

地名の由来:熊本

熊本の地名の由来

 熊本県の地名は地形から生まれたと考えられています。

 モト(本)は中心部という意味で、クマ(熊)という言葉が、動物の熊の事を指すのではなく地形に関連するとされます。

 地形説では主に2つの説が有力視されています。
 低地と高地が入り組んだ地形がクマと呼ばれていた事に由来するという説と、曲がりくねった川の事をクマ(曲)としたという説です。

 別の説としては、夕日が濃く隈取る様子や、高句麗(コマ)人が日本に訪れた際の本拠となった土地であるとする説もありますが、地形を由来とする説のほうが有力だと考えられているようです。

なぜ、熊に?

 熊本の地名は、古くは【隈本】と書かれていました。

 それをなぜ熊に改めたのでしょうか。
 実はそれを行ったのは熊本藩の藩主・加藤清正だと言われています。

 隈という字は、それ自体でもすみっこなどを意味する言葉で、更に【畏】がおそれる、かしこまるなどといった意味を持つ為、改称したのです。
 熊の字を選んだのは、熊の持つ雄々しい雰囲気の為だそうです。
 畏れが転じて、猛獣になったのです。


 -戻る-

関連リンク


写真:熊本県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る