TOP番外編・各都道府県の県名の由来>三重県

地名の由来:三重

三重の地名の由来

 三重の地名の由来は、古事記に記されています。

 日本武尊命が東征の帰りに、三重の辺りを通りかかった際に『吾が足は三重の勾がりの如くして甚だ疲れたり』(私の足は三重の曲り餅のようになって、とても疲れた)と話していたのだそうです。
 その事から三重という地名が生まれたと言われています。

 他説として、『ミ』は朝鮮の言葉で神の意味で、『エ』は辺りの意味を持ち、伊勢神宮の所在地であることに由来する地名だとも言われています。

お伊勢参り

 三重県と言えば前述の通り伊勢神宮の所在地として知られています。

 庶民の遠出が制限されていた江戸時代でも、伊勢神宮へのお参りとすれば許される、特別な場所だったそうで、一生に一度の大旅行だったそうです。

 有名な東海道中膝栗毛も、江戸から伊勢神宮までの道中記です。
 江戸からは片道15日はかかったと言うので、大変な旅行だったのでしょう。


 -戻る-

関連リンク


写真:三重県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る