TOP番外編・各都道府県の県名の由来>宮崎県

地名の由来:宮崎

宮崎の地名の由来

 宮崎県の地名は、神武天皇を祀る神武天皇社があった事に由来します。

 宮崎は神武天皇が大和の国を征服、天下を取ったエピソードである【神武東征】の際に、神武天皇が宮を営んだ場所だと伝えられています。
 その事から宮崎の地に【神武天皇社】が築かれました。

 宮崎という地名の、宮はこの神武天皇社の事を指し、崎というのは前(さき)で、神社のある場所周辺を意味します。
 つまり宮崎というのは宮(神武天皇社)のある場所という意味なのです。

 ただし宮自体については諸説あり、別の神社の事を指すとする場合もあります。

神武天皇社は今?

 地名の由来になっているとされる神武天皇社は、現在の宮崎神宮です。

 明治6年までは神武天皇社や神武天皇御廟と呼ばれていましたが、社格制度(近代社各制度)が新たに作られた際に宮崎神社へと改称されました。

 後に神武天皇の縁の神社であるということで社格も上げられ、神社の名前も宮崎神宮へと改称されました。
 


 -戻る-

関連リンク


写真:宮崎県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る