TOP番外編・各都道府県の県名の由来>沖縄県

地名の由来:沖縄

沖縄の地名の由来

 沖縄県の地名の由来は、幾つかの説があります。
 有名なところでは、【沖合い(おき)の漁場(なは)】が由来だと言われています。

 また【なは】が単純に場所を意味する言葉として、沖縄を沖にある場所と表現したという説も伝えられています。
 この【なは】という言葉は、那覇市と同じ言葉であるとも考えられています。

 古くは沖縄というのは、沖縄本島を指す呼称だったそうです。
 

琉球の由来は?

 沖縄といえば琉球王国です。
 どちらの地名もかなり古くから用いられており、沖縄は8世紀後半頃から、琉球は7世紀中頃に、それぞれ文書に名前が登場しています。

 琉球の由来にも諸説があります。
 まず一つが蛟(みずち)に由来するという説です。
 蛟は水神ともされる伝説の生き物で、龍や蛇のような生き物です。
 島の形が蛟に似ているということから、琉蛟(中国風の読み方で、りうこう)となり、それが琉球へと変化していったのではないかと考えられています。

 他の説では優れた漁場であることから【魚(うお)の国】と呼ばれていたのが、中国人が聞き取った際に転化してリュウキュウとなり、現在の漢字が当てられたという説もあります。

 どちらの説でも琉球というのは中国由来の地名だと考えられています。
 現在の沖縄県成立の際に、琉球県も候補にあったものの、最終的に沖縄が選ばれたのも、中国由来の地名を県にすることを嫌った為ではないかと考えられています。


 -戻る-

関連リンク


写真:沖縄県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る