TOP番外編・各都道府県の県名の由来>大分県

地名の由来:大分

大分の地名の由来

 大分県の地名は、景行天皇がつけたものだと言われてきました。
 
 大分を訪れた景行天皇が大分の広大な土地を見て、「碩田国(おおきた)」という地名を与え、それが後に転じて大分となったという説です。

 しかし、この節には疑問の声が投げかけられています。
 大分は国名にするほど広くもなく、寧ろ狭く複雑に入り組んだ地形です。

 そこで近年では田圃が多く見られた事から【多き田】という地名が生まれ、これが大分に転じたのではないかと考えられています。

日本一のおんせん県

 大分県は由布院や別府などの有名な温泉地を抱える、まさに温泉県です。
 県のキャッチフレーズも【日本一のおんせん県】とされています。

 このキャッチフレーズは伊達ではなく、温泉(源泉)の数は日本一で、そこから湧き出すお湯の量も日本一を誇ります。

 その土地柄を活かして、地熱発電の発電規模でも日本一です。
 さすが、日本一のおんせん県ですね!



 -戻る-

関連リンク


写真:大分県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る