TOP番外編・各都道府県の県名の由来>佐賀県

地名の由来:佐賀

佐賀の地名の由来

 佐賀県の地名にはいくつかの説があります。

 有名なものとしては、大和武尊が名付けたという説があります。
 佐賀県の辺りを訪れ、クスノキが茂っている様子を見て、「栄(サカエ)の国」と名付けました。
 サカエの国が転じて、佐賀という地名が生まれたとする説です。

 もう一つは地形に由来する説です。
 砂州や低湿地を古い表現で【スカ】と呼びます。
 このスカが転じて、佐賀という地名になったのではないかとも、また単純に【】が転じたのではないかとも考えられています。

東京にもある佐賀!?

 東京都江東区にも佐賀という地名があります。

 これはたまたまなどではなく、実際に佐賀市を由来とする地名です。
 17世紀末に行われた検地の際に、地形が似ているという理由から深川佐賀という地名がつけられたのです。

 後に深川が外され、現在はそのままの佐賀という地名になっています。


 -戻る-

関連リンク


写真:佐賀県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る