TOP番外編・各都道府県の県名の由来>和歌山県

地名の由来:和歌山

和歌山の地名の由来

 和歌山県の地名はの由来には諸説あり、はっきりとした由来は判っていません。
 今回は有力とされる2説をご紹介します。

 和歌山の周辺はかつて、岡山と呼ばれていました。
 これが訛って和歌山という地名が生まれたという説があります。

 また万葉集に詠まれた和歌浦という場所にちなんで和歌山という地名に変化したという説も伝えられています。
 この和歌浦は、元々は海沿いに出来た新しい集落という意味で若の浦と呼ばれていたのが転じた地名だと言われています。

みかん1位!

 みかんと言えば愛媛のイメージが強いですが、みかんの生産量の全国1位は和歌山県です。

 元々は愛媛県が1位でしたが、みかんだけではなく他の柑橘系の果樹の生産へとシフトする農家が増えた影響で、2004年に和歌山県が1位になりました。

 その後は現在に至るまでみかんの生産量は和歌山県が首位のままです。
(※柑橘系全体だと愛媛県が1位)


 -戻る-

関連リンク


写真:和歌山県庁
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る