TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市有城

地名の由来:有城

地名の由来


 倉敷市に有城という地名があります。
 読み方は"アルキ"です。

 かつて周辺は古瀬戸と呼ばれる海峡のある海でした。
 そして歩き周辺の山は、かつては島でした。

 それがやがて浅くなり、現在の高坪山まで歩いて行けるようになったので、歩きから有城の地名が生まれたのではないかと考えられています
 

乗り出し岩


 有城の周辺はかつて源平合戦の舞台となった地です

 周辺には源平合戦にまつわる史跡が残されており、あるきには佐々木盛綱の乗り出し岩があります。
 地元の漁師の男から対岸へ馬で渡ることが出来る浅瀬の存在を教えられた盛綱が、その岩から海へと進んでいったと言われています。

 想定外の対岸からの襲撃に、兵士はあえなく敗走する事になりました。




 -岡山の地名一覧へ戻る-

関連リンク


写真:乗出岩
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る