TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市生坂

地名の由来:生坂

地名の由来


 生坂は倉敷市の倉敷ジャンクションがある辺りの地名です。
 読み方はイクサカです。
 かつて皇太后宮職の氏人で生部臣と呼ばれる人々が住んでいた事が地名の由来です。
 住んでいた場所が山の麓の坂になっている辺りだったことから、生坂という地名になったと伝えられています。
 

川崎医科大学付属高校

 生坂には川崎医科大学の付属高校である川崎医科大学附属高等学校があります。

 医科大学の付属高校としては全国でも唯一の高校です。
 大学の医学部並みの高額な授業料でも知られますが、授業の内容も現役の石を招いての実習なども含まれており、高校生から本格的な医学の勉強に着手することが出来ます。
 
 医学部への進学率も非常に高く、2017年の東洋経済の記事によると川崎医科大学医学部への進学率が9割、他校の医学部への進学も含めると9割5分が進学先として医学部を選択するそうです。

 川崎医科大学附属病院には売店として高島屋が入っていますが、高校も同様に高島屋なのだとか。



 -岡山の地名一覧へ戻る-

関連リンク


写真:川崎医科大学附属高等学校の校舎
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る