TOP備中県民局エリアの地名の由来>総社市見延

地名の由来:見延

地名の由来


 見延は総社市の北部で、高梁川支流の槇谷川に沿うように広がる地区です。
  地名には有力な説は伝わっていません。

 資料で触れられているものとしては、同音の美濃部に由来するという説があります。
 
 「身延ぶ」には遠くを見るという意味があります。
 見延東部にそびえる山から、見張りをしていた…そのような歴史があるのかもしれません。

美袋駅

 見延と言えば岡山自動車道の非常に高い場所を通る橋が有名です。

 名前は地名から見延橋と名付けられています。
 橋桁高は約76mで、建造当時は日本一の高さでした。

関連リンク:岡山の珍風景・見延橋
 



 -戻る-

関連リンク


写真:見延橋
写真提供:プランク様

ページトップに戻る