TOP備中県民局エリアの地名の由来>新見市哲多町田淵

地名の由来:哲多町田淵

地名の由来


 新見市哲多町に田淵という地名があります。
 西の尾瀬の名前でも知られる鯉が窪湿原と隣接する地区で、地名も湿地が多いことに由来しています。

 淵は川の流れが緩やかになっており、水の深い場所という意味があります。
 そのような土地で、農業が盛んであることから田淵の地名が生まれたのでしょう。

公設国際貢献大学校


 田淵には公設国際貢献大学校という施設があります。

 2001年3月に閉校した大田小学校(※蚊家小学校と統合して新設した新砥小学校へ移行)の校舎を再利用して設置されました。

 文部科学省の解説によると、AMDAがミャンマーに設立した小児専門病院を旧哲多町が支援していたことがきっかけで設立されました。
 AMDAが行うような国際的な人道支援を行う人材を育成する事を目的としています。


 -戻る-

関連リンク


写真:哲多町田淵の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る