TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市下津井田之浦

地名の由来:下津井田之浦

地名の由来

 倉敷市の瀬戸大橋の真下の辺りに下津井田之浦という地名があります。

 この地名は当初は田土浦の地名だったと考えられています。
 地区内にはその事実を裏付けるように、田土浦坐(タツチノウラニマシマス)神社という神社があります。
 田土浦が田之浦に転じたのか、書き誤りがそのまま定着したのが由来です。

 神社の境内には田土浦村という地名が残されています。

田土浦坐神社

 田土浦坐神社は延喜式神名帳(927年にまとめられた神社の一覧表)に名前が見られる
非常に古い歴史を持つ神社です。
 地元では火難除けのご利益で親しまれています。

 神社の場所は風光明媚な場所に位置し、映画・ひるね姫の舞台としても登場しました。



 -岡山の地名一覧へ戻る-

関連リンク


写真:田土浦坐神社からの風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る