TOP備中県民局エリアの地名の由来>井原市・寺戸

地名の由来:寺戸(西江原町)

地名の由来

 井原市西江原町に寺戸という地名があります。
 住所表記上は用いられていませんが、公民館の名前として寺戸の名前を確認することが出来ます。

 かつて寺戸の地に国分寺が建てられたという伝承があります。
 地名はこの事に由来していると考えられています。

 周辺からは伽藍があったと思われる礎石などが発見されています。

何処にあった? 国分寺

  国分寺があったと伝えられているのは、現在は後月寺がある場所です。
 この辺りから奈良時代の建物の礎石、瓦などが出土しています。
 国分寺の伝承については現在のところ、伝承に留まっています。
 出土した遺跡などから、かつて底にあったはずの寺は仮称で寺戸寺と呼ばれています。


 -戻る-

関連リンク

写真:寺戸公民館
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る