TOP備前県民局エリアの地名の由来>和気町・天瀬

地名の由来:天瀬(和気町岩戸)

地名の由来


 和気町岩戸に天瀬という地名があります。
 明治8年まで存在した天瀬村だった地区です。
 現在は大字としては用いられていないものの、バス停や天神山城の侍屋敷が天瀬侍屋敷と呼ばれるなど、地名として残されています。

 地名は天石門別神社に由来します。
 神社と吉井川左岸に面した地区であることから、天瀬という地名がうまれました。

天瀬駅


 サイクリングが趣味の方は、もしかすると天瀬の地名を天瀬駅を通じて知っているかも知れません。

 天瀬駅は1991年に廃止された同和鉱業片上鉄道の駅です。

 線路跡は2003年に片鉄ロマン街道と名付けられ、自転車道として再利用されるようになりました。
 天瀬駅跡も駅舎が回収されて、片鉄ロマン街道に組み込まれました。
 多くのサイクリング愛好家の方が訪れる人気スポットです。



 -戻る-

関連リンク

写真:天石門別神社
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る