TOP備前県民局エリアの地名の由来>和気町父井原

地名の由来:父井原

地名の由来


 和気町に父井原という地名があります。
 読み方はそのまま「ちちいばら」です。

 1875年に父井村と小原村が合併した際に、2つの地名を合わせて父井原としました。

 合成地名と言われる地名の作り方で、対等な合併の際に用いられる事の多い手法です。
 ただし父井原の場合は片方の方が全て残っているので、父井の方が優位な事情でも合ったのかも知れません。

父井と母井


 地名の原型の一つである父井は、名水で知られた井戸の名前に由来します。
 井戸は元々は村内に2つあり、父井の他に母井もありました。

 2つの名水が合ったので、それが夫婦として名付けられたのでしょう。
 現在では母井の方は絶えており、父井のみ速玉男神社の近くに残されています。



 -戻る-

関連リンク

写真:父井原の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る

00.