TOP美作県民局エリアの地名の由来>美咲町・中央地区

地名の由来:美咲町中央地区

中央地区とは


 美咲町中央地区は、美咲町の前身の一つである旧・中央町だった地域です。
 美咲町は平成の大合併と呼ばれる合併が推進されていた時期に中央町、柵原町、旭町の三町が合併して誕生した町です。

 中央町は1955年に久米郡打穴村、大垪和村、加美町、三保村3村が合併して誕生しました。
 中央町の町役場は美咲町の役場に引き継がれ、町内を通る鉄道の駅もある町の中心部です。(※亀甲駅、小原駅は共に旧中央町内)

 合併後は美咲町内の地区の一つとなっています。


地名の由来


 中央町の地名は町の所在地が岡山県のほぼ中央にあること、そして久米郡でも中央に位置することに由来します。

  ちなみに中央町に隣接した加茂川町も岡山県の中央に位置しており、「ハ~トオブおかやま」のキャッチフレーズを採用していました。
 そして賀陽町と合併した際にも、岡山県(旧吉備国)の中央部に位置することから、吉備中央町を町名としました。



 -戻る-

関連リンク


写真:旭地区の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る