TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市山下

鶴山公園

地名の由来:山下

地名の由来

 津山市の中心部、津山城址周辺に山下という地名があります。
 読み方はヤマシタではなく、サンゲです。

 この地名は城下町だったことに由来しています。
 城を山に見立て(城山)、その下に広がる地域として山下となりました。

 現在も津山市の市役所、美作県民局を始めとする公共施設が多く見られますが、江戸時代に遡っても津山藩の重臣などの屋敷が集中している地区でした。


県内に多くある山下(サンゲ)

 サンゲという読み方は珍しいように感じますが、実は岡山県内に何箇所か見られます。
 津山市内でも旧加茂町のエリアだった加茂町山下という地名があります。
 こちらもやはり城下町だったことに由来する地名です。

 他にも高梁市と岡山市にも、やはり城下町だったことに由来する内山下(ウチサンゲ)、岡山市には更に中山下(ナカサンゲ)の地名も存在します。
 津山市の山下の地名もかつては内山下と呼ばれていました。
 それが1870年に改称して山下になったのです。


 -岡山の地名一覧へ戻る-

関連リンク


写真:鶴山公園
写真提供:Photo AC

ページトップに戻る