TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市鉄砲町

地名の由来:鉄砲町

地名の由来

 津山市の旧城下町の一角に鉄砲町という地名があります。

 津山藩森家の時代に行われた城下町整備で鉄砲組を集めて住まわせた場所で、その事から鉄砲町です。
 読み方は「てっぽうまち」です。

 城下町を整備する際に、商業や職務などを一箇所に集めることがあります。
 これがそのまま地名として残るケースは多く、鉄砲町の地名も各地で見られます。

 岡山県内だと高梁市に鉄砲町の地名が有り、やはり備中松山城の城下町だった場所に位置します。

鉄砲町に銃火器の店

 上記のような由来を持つ津山市鉄砲町には、実は銃火器などを扱う銃砲火薬店があります。
 お店の公式サイトを見てみた所、天保年間創業との事です。
 同じく公式サイトによると、創業者は鉄砲鍛冶として製造に携わると同時に銃の扱いについて指南する立場の方でもあったそうです。
 それが現在にまで続いているという、非常に興味深い事例です。


 -岡山の地名一覧へ戻る-

関連リンク


写真:鉄砲町、江口銃砲火薬店
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る