TOP美作県民局エリアの地名の由来>真庭市月田

地名の由来:月田

地名の由来


 真庭市の勝山地域に月田という地名があります。
 読み方は「ツキダ」です。

 月はケヤキが転じたものです。
 ケヤキの旧名はツキ(槻)で、大きなケヤキの木があった事から月田という地名が生まれたました。

 古代の郷名として用いられていた地名が、1881年に周辺の村が合併した際に新たな村名として再び用いられました。

歴史

 月田村は前述の通り1881年に誕生した、比較的新しい村でした。
 最終的に勝山町(後に真庭市)と合併したのが1955年のことですが、実は月田村はその決して長くはない歴史の中で2度も勝山町と合併しています。
 
 最初に月田村が勝山町と合併したのは1907年のことでした。
 勝山町、一宮村、川西村と合併して新たに勝山町を形成しましたが、1949年に月田は勝山町から離脱して再び月田村になりました。
 なので1955年の勝山との合併は2度目だったのです。




 -戻る-

関連リンク


写真:月田の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る