TOPコラム岡山の著名人>小早川秀雄

小早川秀雄

『歴史家・小早川秀雄』

解説

 岡山藩主・小早川秀秋は跡継ぎもなく早世した為、小早川家は無嗣断絶で改易されました。

 …と、ここまでは有名なお話です。
 実は後の時代に小早川家を再興させようと奮闘した人物がいます。

 それが小早川秀雄です。
 1802年に足守藩士の次男として生まれ、名前は秀秋を意識して名乗っていたものです。
 彼は藩主・木下家の親族にあたる小早川家の再興を目指し、小早川家の宗家である毛利家に掛け合うなどの活動を行いました。
 しかし足守藩の木下家が幕府の反発を恐れて阻止しました。
 
 その後は歴史研究家となり、何冊かの著作を残しています。



岡山ゆかりの著名人一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る