TOPコラム岡山の著名人>藤原保則

藤原保則

『名国司・藤原保則』

解説

 かつて中央から派遣され、諸国の政務を行った国司という役職があります。
 様々な資料を見る限り、搾取などを行う人物が多かったようで、概ね民からの評判は良くなく、敬遠されがちな存在だったようです。

 しかし岡山県には藤原保則という例外的な存在が赴任したことがあります。
 平安時代の人物ですが、余りの善政に感激した盗人が自主をしてきたという逸話まで残されています。
 この善政は岡山の時だけではなく、他の地域でも藤原保則に関するエピソードが伝えられているそうです。

 任期を終えて岡山を離れる際には、別れを惜しむ人々の訪問が絶えなかったそうです。
 仕方なく秘密裏に小船で発ったというので、アイドル顔負けの人気だったのかもしれませんね!?



岡山ゆかりの著名人一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る