TOPコラム岡山の著名人>時実秋穂

時実秋穂

『火事で辞職した岡山市長』

解説

 歴代の岡山市長の中に、庁舎の火事が原因で辞職した人物がいます。
 第14代市長、時実秋穂がその人物です。

 1939年の早朝に岡山市庁舎を全焼する火事が発生しました。
 庁舎以外の建物も被害を受けており、重要な書類もたくさん焼失してしまいました。

 ここまで読んだ方の中には「辞職までしなくても…」と思う方もおられる事でしょう。
 実際、時実秋穂が火事に直接的に関係しているわけではありません。

 しかし自機が良くなかったのです。
 ちょうど支那事変の最中で、物資不足だったのです。
 そんな中での庁舎の火事だったので、市民の非難が強く、その事が辞職を決める一因になったのだとか。




岡山ゆかりの著名人一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る