TOPコラム岡山の著名人>木村 毅

木村 毅

『松本清張と木村 毅』

解説

 作家の松本清張が東京へ出てきた時、まず最初に岡山県出身の人物を訪ねて行ったそうです。

 それが文芸評論家の木村 毅(き)です。
 彼は"小説研究十六講"という小説の書き方の指南書を書いています。
 これはヒット作となっており、川端康成などにも影響を与えたとされています。

 松本清張もこの本を愛読した中の一人だったのです。
 なので東京に来るや否や、面識もないの木村の元を訪れたのです。
 その時の松本清張は既に芥川賞を受賞していましたが、木村 毅は急な取材が来たのだと勘違いしていたそうです。
 



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る