TOPコラム岡山の著名人>正徹

正徹

『歌僧・正徹』

解説

 矢掛町の小田駅のロータリーに正徹生誕地の記念碑が建てられています。

 正徹は矢掛町出身の歌僧です。
 室町時代最高の歌人とも称されている人物です。

 しかし室町幕府の六代将軍・足利義教に嫌われた為、続古今和歌集に入集されないなど不遇の時代もありました。
 義教の死後は再び評価され、八代将軍・義政に源氏物語の講義をするなどした記録が残されています。
 



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る