TOPコラム岡山の著名人>大石内蔵助

大石内蔵助

『天城へ来た大石内蔵助』

解説

 忠臣蔵の中心人物として知られる大石内蔵助が、討ち入りの為に江戸へ発つ前に天城(倉敷市)を訪れていたという伝聞があります。

 天城池田家は大石内蔵助にとって母方の実家に当たります。
 忠臣蔵で仇討ちが行われた際には、当主が大石内蔵助と従兄弟という親戚関係にある事を理由に禄高を減らされています。

 大石内蔵助は池田家にいた伯母に、仕官先が見つかったのでと別れの挨拶を交わしています。
 しかし伯母はそれを情けなく思い、追い返すようにして帰らせてしまいます。

 後で事情を聞いた大石内蔵助の祖父が事情を察し、彼を探すも既に立ち去った後で面会する事は出来なかったそうです。
 



岡山ゆかりの著名人一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る