TOPコラム岡山の著名人>岸本甚造

岸本甚造

『雄町米と岸本甚造』

解説

 酒米として知られる"雄町"を見つけたのは、岡山市雄町出身の農家・岸本甚造です。

 彼が雄町を発見したのは、偶然の出来事でした。
 伯耆大山へ参拝して帰っている道すがらで、重たそうな珍しい稲穂を見つけました。
 そこで彼は二穂を譲り受けて持ち帰りました。

 これが後の雄町になる稲穂です。
 前述のエピソードから二本草と呼ばれていましたが、評判になり栽培する農家が増えていく内に雄町米と呼ばれるようになりました。

 雄町には岸本甚造の公徳碑が建てられています。 



岡山ゆかりの著名人一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る