TOPコラム岡山の著名人>岡田屋熊次郎

岡田屋熊次郎

『借金祝いだ!? 岡田屋熊次郎』

解説

 岡山市の吉備津神社の門前町・宮内地区は、かつては山陽道一の歓楽街として知られていました。
 遊郭や旅籠、芝居などで大いににぎわっていたのです。

 この宮内で興行を取締っていた大親分に、岡田屋熊次郎という人物がいました。
 興業が当たると神社に寄進する等で羽振りのいい事で知られる一方で、膨大な借金を抱えていた事も知られています。

 ある時、とうとう借金が一万両に到達してしまいます。
 普通の人なら大いに落ち込むところですが、岡田屋熊次郎は違いました。
 なんと借金一万両を記念して大宴会を開催したのです。

 余りの借金の多さにヤケになっていたわけではありません。
 宴会に持ち込まれたご祝儀こそが岡田屋熊次郎の狙いで、なんとそれを全て返済に充てる事で借金を終わらせてしまったのだとか。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る