TOPコラム岡山の著名人>関藤碩衛

関藤碩衛

『倉敷と玉野の初代市長・関藤碩衛』

解説


 倉敷市と玉野市の初代市長は関藤碩衛という同一人物です。
 
 岡山県庁で働いた後に赤磐郡長、浅口郡長を歴任した経歴を持ちます、
 そのような人物なので、その能力の高さから初代の市長を二度も任された…というわけではないようです。
 どちらも市制を敷く以前の町の時代から町長を務めており、そのまま市長にも就任するという形で初代市長に就いています。
 
 市町村合併が活発に行われていた時代とはいえ、新市の市長を一人の人物が2度も繰り返すのは珍しい事例だそうです。



岡山ゆかりの著名人一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る