TOPコラム風の道を歩く2019>1.児島駅跡

児島駅跡

スタート地点・児島駅跡

児島駅跡


 風の道のスタート地点は児島駅跡です。
 では10年前の景色をご覧ください。

2009年の児島駅跡
 10年前はまだ下電の観光部門の施設として運用されていました。
 まだ自由に出入りすることが出来なかったので、最初に行った時は迂回して住宅地を通ってからスタートしました。
 
児島駅跡の中
 駅の構内はこのような感じで当時のまま残されています。
 通行可能なのは金・土・日・祝日の8:30~17:00です。

いざ、風の道へ


風の道

 風の道を初めて通った時はナローゲージというものをよく知らなかったので、ひどく狭く感じたものです。
 2013年に2度目に歩いた時も、やはり狭いものだと思いました。
 そして2019年。
 今年もやっぱり狭いものだと思いました。

 …うん、やっぱり狭いんです。

 下津井電鉄線の軌間(2つのレールの長さ)は762mmで『特殊狭軌』という分類される、本当に狭い鉄道だったのです。
 この道を進んで、次の駅跡である備前赤崎駅へ向かいます。 

目次へ戻る  次の記事へ>>

関連リンク



写真撮影:岡山の街角から
1.『児島駅跡』
2.『10年前の児島駅跡』
3.『児島駅跡構内』
4.『風の道スタート地点付近』


 -戻る-



ページトップに戻る