TOP岡山の食べ物郷土料理編 > そずり鍋

そずり鍋

そずり鍋

津山とそずり鍋

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・そずり鍋
♪ 起源
津山市周辺ではそずり肉を食べる習慣があった
♪ 特記事項
そずり肉=削った肉の方言

そずり肉とは

 津山市の郷土料理に『そずり鍋』という料理があります。
 これはその名の通り『そずり肉』という肉を用いた鍋料理のことです。

 さて、ここで疑問に思うのが聞きなれない『そずり肉』です。
 そずり肉とは何ぞや?

 これは骨の周りについている肉の事です。
 それをそぎ落とした肉が、そずり鍋に使われている部位です。
 津山の辺りの方言で、削るということを、そずると言うそうで、そこからそずり肉と呼ばれるようになっていったそうです。

そずり肉の食べ方

 さてそずり鍋に入っているのは当然そずり肉だけではありません。
 岡山産の山の幸をふんだんに入れて作られます。

 汁は醤油をベースとしており、見た目以上にさっぱりとした味です。
 お肉は骨の近くになる程、旨味が増すと言われていますが、正にその通りです。

 津山にきたら食べてみんちゃい☆


 -戻る-

関連リンク


写真:そずり鍋
写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る