TOP岡山の食べ物岡山のお菓子編 >鬼びっくり饅頭

鬼びっくり饅頭

店も個性的な、鬼びっくり饅頭

鬼びっくり饅頭

● 岡山県ではこう呼ぶ!
・鬼びっくり饅頭
● 販売場所
・鬼びっくり饅頭本舗
(総社市種井45-1)
● 備 考
店舗の鬼の像も有名

鬼びっくり饅頭とは


 総社市の川沿いを通る国道180号の途中に、鬼びっくり饅頭本舗というお菓子屋があります。
 このお店を代表するお菓子が店名にもある鬼びっくり饅頭です。
鬼びっくり饅頭
 後述する店舗のインパクトや鬼びっくり饅頭という名前から、奇抜なお菓子が想像した方もおられると思います。
 しかし実際は上の写真のような、とてもオーソドックスなこし餡の饅頭です。

由来


 饅頭の名前はお店の方が想像した未来の桃太郎像に由来します。

 昔話の桃太郎は人々を苦しめている鬼の住む島へ家来の犬、キジ、猿を引き連れて力で制圧しました。
 しかし強調と対話の時代である21世紀の桃太郎は、美味しいお饅頭を手土産に鬼と商談に挑み、話を上手く纏める筈だ…と、お店の方は考えました。
 そして鬼がびっくりするほど美味しいと思った手土産の饅頭は、そこから鬼びっくり饅頭と名付けられるだろうという事で命名されたそうです。
鬼びっくり饅頭のパッケージ
 …包み紙からは、そんな平和的なエピソードは想像できませんが、鬼びっくり饅頭は21世紀の桃太郎伝説に由来しています。

ユニークなお店の外見


 この鬼びっくり饅頭をSNSに投稿したところ、多かったのが「お店は見たことがある!」という意見です。
 それもそのはず、鬼びっくり饅頭本舗のお店はとてもユニークです。
鬼びっくり饅頭には外
 お店の周りには写真のような鬼の像が幾つも並べられているのです。
 これは行ったことがないという方でも記憶に残ります。
 
 もしお店に行く機会があれば、鬼の像もしっかり楽しんでみて下さい。



 -戻る-

関連リンク


写真:鬼びっくり饅頭、店舗外見
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る