TOP岡山の著名人ゆかりの場所>安富才助

安富才助の墓(左側) 

岡山市北区足守・安富才助の墓

詳細

安富才助
生没年
:1839年~1873年

職業:新選組隊士

ゆかり:出身地、墓地
スポット:田上寺

安富才助とは


 現在でも高い人気を誇る新選組ですが、実は岡山県出身のメンバーは意外と多く20名以上いたそうです。

 その中でも最も著名なのは備中足守藩(岡山市北区足守)出身の安富才助ではないでしょうか。
 1864年に新選組に入隊すると、勘定方や馬術師範を務めました。
  
 陸軍奉行並みとなった土方歳三の側近として従い、その最期をみとった事でもよく知られています。
 土方家に死を伝える手紙を書いたのが安富才助で、その中に書かれている「早き瀬に 力足らぬか 下り鮎」という追悼の句も有名です。

 ちなみにこの句は書き方のニュアンスから、実は土方歳三が書いた辞世の句だったのではないかとも考えられています。

岡山に残る安富才助の墓


 2008年に出身地の岡山市北区足守の田上寺の墓地で安富才助のものと見らえる墓が見つかりました。
 それが冒頭の写真で、写真の左側の墓がそれです。
安富才助夫婦の墓
 田上寺の墓地の最も奥の辺り、足を踏み入れるのも大変なほど多くの墓石が設置されている場所にひっそりと墓石があります。
 恐らく外のサイトや媒体の写真を見ても、墓石はおおむねこの角度で撮影されていると思います。
 これは他の墓石があるので、これ以上正面からは撮影できない為です。
安富才助夫婦の墓と刻まれた文字
 お墓の側面に『安富才助夫婦之墓』という文字が刻まれています。
 安富才助は妻と死別しており、その翌年に新選組へ参加しました。

 またこの墓には没年が1783年とされており、これにより1870年に放免された後に阿部十三に殺害されたという従来の説が否定されました。


 -戻る-

関連リンク


写真:安富才助の墓
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る