TOP岡山の著名人ゆかりの場所>犬養 毅

生家跡

政治家・犬養 毅の地

詳細

犬養 毅(写真は生家)
生没年:1855年~1932年
職業:政治家(第29代総理大臣など)
ゆかり:生誕地(生家)
スポット:生家、記念館
国指定:重要文化財(生家)
・犬養木堂記念館
入館料:無料
定休日:火曜(祝日除く)、土日以外の祝日の翌日、年末年始
関連リンク犬養木堂記念館公式HP

栄犬養毅と五・一五事件

 『話せばわかる』のフレーズと共に知られるのが、岡山県出身の元総理大臣・犬養 毅です。
 上記の言葉は五・一五事件において襲撃を受けた際に口にした言葉です。


 五・一五事件とは海軍の軍縮を決めた政府に不満を持っていた軍部の人間によって引き起こされた事件です。

 1932年の5月15日に、海軍の青年将校が首相官邸の他、銀行や変電局、警視庁などを襲撃しました。
 五・一五事件と呼ばれるのは、事件の日付に由来します。

 犬養 毅さんは首相官邸で青年将校の襲撃を受けました。
 この時、すぐに暗殺されたわけではなく、応接室へ通して話し合いの場を設けようとしている最中に射殺されました。

話せばわかる

 犬養 毅さんの台詞として有名な、『話せばわかる』。
 これは撃たれる前に青年将校と話している際に、話せば判るのだからと宥めていたのが伝わったものと言われています。
 他にも銃撃直後にはまだ意識がしっかりしていた犬養 毅さんが、自分を撃った相手を連れてくるように告げた際の台詞が『よく話して聞かせるから』というものだったので、それが転じて伝わったとも言われています。

 護憲派で軍縮を支持していた犬養 毅さんらしい『言論による解決』を貫いた言葉として広く知られるようになったのです。

生家・記念館

犬養木堂記念館
 出身地である岡山市北区川入(犬養 毅さんが生まれた当時は庭瀬村)には、生家があり、その傍に記念館が作られています。
 生家は江戸時代に大庄屋という町役人を務めていたそうで、非常に広く、多くの人の出入りを想定したつくりの建物です。

 隣接する記念館の名称は『犬養木堂記念館』です。
 木堂は犬養 毅さんの『号』です。

 この記念館では犬養 毅さんの生涯や遺品のほかに、書家としても優れた才能を発揮していた故人の書を見ることや、児童生徒書道展なども催されています。
 余談ですが様々な運動や難民保護などの国際問題の活動を行っている緒方貞子さんは、犬養 毅さんの曾孫です。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:上・生家跡、下・記念館内部
写真提供:岡山県

ページトップに戻る