TOP岡山の著名人ゆかりの場所>宇田川榕菴

蘭学者・宇田川榕菴

詳細

宇田川榕菴(写真は城西浪漫館)
生没年:1798年~1846年
職業:医者、蘭学者
ゆかり:出身地、コーヒー
スポット:城西浪漫館、津山洋学資料館

関連HP:城西浪漫館

宇田川榕菴とコーヒー

 宇田川榕菴は1798年に大垣藩(現在の岐阜県大垣市周辺)に生まれました。

 後に父も師事していた津山藩医の宇田川玄真の養子となり、医学や蘭学に学び、後に自身も津山藩の藩医となりました。
 宇田川家は学者の家系として知られており、幕府からの用命で海外の著作の翻訳をするなどしていました。

 自身でも西洋の学問を日本に取り入れるための著書を出したり、日本には存在しない海外の言葉を表現するために言葉を作ったり、漢字を当てはめるなどの作業に従事しています。

 実はこの作業の一環として、コーヒーに『珈琲』という漢字を当てはめたのも、宇田川榕菴のしごとでした。
 この漢字には『「珈」は女性の髪を飾る玉飾り、「琲」は玉飾りの紐の意味で、コーヒーの木に真っ赤なコーヒーチェリーが実っている様子を描写した(城西浪漫館HPより引用)のだそうです。
 
 城西浪漫館では、宇田川榕菴さんが出会ったであろう幕末期の珈琲の味が再現されており、榕菴珈琲という名称で販売されています。
 珈琲には相当なこだわりがあったようで、『哥非乙説』という専門書もあります。

宇田川榕菴考案の言葉たち

 前述の通り、宇田川榕菴さんが作り出した言葉は沢山あります。
 酸素水素窒素元素酸化細胞といった、学校で勉強してきた理科の専門用語たちは、日本語に翻訳する過程で、宇田川榕菴さんによって生み出された言葉たちです。
 また圧力還元分析といった日常生活でも良く使う言葉を生み出したのも宇田川さんです。

 役割上、余り表舞台に出てきたり、一般に良く知られている人物というわけではありませんが、誰もが彼が作った言葉を使っているという事を考えると、実は非常にお世話になっている偉人であるといえるでしょう。

 津山市にある洋学資料館では、宇田川家や他の学者の功績について紹介されているので、再現された当時の珈琲の味と併せて、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

マップ(城西浪漫館)




 -戻る-

関連リンク


写真:城西浪漫館
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る