TOP岡山の景色を楽しむ場所>阿知の藤

阿知の藤

詳細

所在地:倉敷市本町(※阿知神社)
営業時間:日中(夜は暗いです)
駐車場:有り(一部有料)

阿知の藤

 倉敷市の阿知神社の周辺が鶴形山公園として整備されています。
 この敷地内にあるアケボノフジの巨木・"阿知の藤"が、岡山県の天然記念物に指定されている阿知の藤です。

 樹齢は300~500年、幹廻り約1.5m,根元周囲は約2.2m(現地案内板より)と、アケボノフジの中では日本でも有数の規模です。
 開花時期の5月上旬には3日間に及ぶ藤祭りが開催され、藤の花を楽しみながら演奏などを楽しむことが出来ます。

 藤の花は倉敷の市の花にも指定されています。

開花について

 5月頃には藤棚にいっぱいの花を咲かせる阿知の藤ですが、前述の通り300~500年の樹齢とされる古樹の為にその樹勢はやや衰えています。

 その為に治療を行われている年もあり、その年には殆ど花は咲きません。
 記事冒頭の写真も治療中の2019年撮影の物で、花はご覧の通りにごく僅かでした。

 阿知の藤を主目的に訪問を考えている方は、事前に花の咲き具合について調べておいた方が無難かもしれません。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:阿知の藤
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る