TOP岡山の景色を楽しむ場所>神庭の滝

神庭の滝

神庭の滝

詳細

所在地:真庭市神庭
国指定:名勝(神庭瀑の呼称で登録)
県指定:岡山県立自然公園
日本の滝百選:№73
駐車場:無料
入場料:大人300円、小中学生(5~14歳)150円、団体割引有り
開園時間:8時30分~17時15分
休日:年末年始

関連リンク真庭市による紹介ページ

西日本最大規模の滝

 真庭市にある神庭の滝は高さ110m、幅20mという大規模な滝で、中国地方は勿論、西日本全体を見ても指折りの規模を誇る滝です。
 カンバという言葉には大きな崖の意味があると言われていますが、大きな崖から注ぎ込まれていく濁流は大迫力です。
 これだけの壮大な滝にも関わらず、すぐ近くまで車で行くことが出来るので、駐車場からは徒歩数分で滝のそばまで行けるので足の悪い方でも気軽に挑戦できるスポットです。

 自然豊かな場所なので、春から夏にかけては新緑、秋には紅葉、そして冬には雪化粧をした風景を楽しむことが出来ます。
 また遊歩道では壮大な神庭の滝とは対照的な、苔から雫が落ちていく閑静な美しさを持つ『玉垂の滝』と言われる滝を見ることも出来ます。

猿の名所

 滝の周辺は公園として整備されています。
 ただし餌付けされた猿が結構な数でうろついているので、車から降りる際には食べ物は勿論、食べ物が入っていることを連想させるような手荷物は持ち出さないようにしないと危険です。
 その点だけ注意すれば無闇に攻撃してくる事はありません。

 来園者の中には人を恐れず、マイペースに過ごしているサルの姿を見るのを楽しみにしているファンも少なくないようです。

 真庭市が提供しているライブカメラでも、滝やその周りを歩く猿の姿を確認する事ができます。

周辺スポット

 神庭の滝自然公園内には『鬼の穴』という鍾乳洞があります。
 急な坂を歩いていかなければならないので、こちらは足に自信がある方のみでどうぞ。

 鍾乳洞と言うと井倉洞のような神秘的なものを想像しがちですが、こちらの鬼の穴は、結普通の洞窟のような場所で、こういう鍾乳洞もあるんだなと、勉強になりました。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:実際の滝の様子
写真提供:岡山県

ページトップに戻る