TOP岡山の景色を楽しむ場所>鯉ヶ窪湿原

湿原の風景

鯉ヶ窪湿原

詳細

国指定:天然記念物
所在地:新見市哲西町矢田
駐車場:有り
入園料:基本無料(湿原保護協力費200円は任意の支払い)
営業時間:見学24時間可
休日:特に無し(管理事務所は休日有り)
関連HP:新見市による紹介ページ

西の尾瀬

 尾瀬と言えば、国立公園にも指定されている、非常に自然豊かな場所として知られていますが、岡山県には『西の尾瀬』とも称される場所があります。

 それが鯉ヶ窪湿原です。
 新見市哲西町、吉備高原の北西部に位置します。
 本家の尾瀬ほど標高は高くなく、550mくらいの場所で、広さも3.6haと、ちょっとした散策に最適な広さです。

豊かな生態系

 自生する植物はなんと380種を超えます。
 その中には貴重な残存植物(かつては広く見られたが、今では余り見られなくなった植物のこと)も含まれており、湿原一帯を指して『
鯉ヶ窪湿性植物群落という名称で国の天然記念物に指定されています。

 一時は開発によって失われかけていた場所ですが、地元の方々の努力によって阻止され、貴重な自然は損なわれる事なく残されています。

 現在も地元の有志の方が湿原の保全の為の活動を続けられています。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:鯉ヶ窪湿原の遊歩道
写真提供:岡山県

ページトップに戻る