TOP岡山の観光地岡山の珍風景>マリア灯籠

マリア灯籠

近水園のマリア灯籠

詳細

所在地:岡山市北区足守(近水園内)
※近水園に入って右手側にある慰霊碑の近く
見学:24時間可

マリア灯籠

  岡山市北区足守にある近水園は、足守藩主の木下家が築いた大名庭園です。
 この庭園の中にマリア灯籠があります。(※上の写真参照)

 マリア灯籠は江戸時代のキリシタン禁制の際に作られたもので、キリシタン灯篭、織部灯篭などと呼ばれています。
 普通の灯篭のように見せておきながら、実はマリアの姿が刻み込まれています。
 表だってキリスト教のお祈りが出来なかった時代、カモフラージュされたマリア灯籠を拝んでひそやかに信仰を守っていたのだそうです。

 その為、誰が建立したものなのか、時期がいつ頃のものだったのかは不明です。
 小さな灯篭なので見落としがちですが、とても珍しい物なので忘れずにチェックしておきたいですね。

近水園

 近水園は前述の通り足守藩主の木下家が築いた大名庭園です。
 園内にある建物・吟風閣を利用する場合は有料ですが、園内散策は無料です。

 この記事を読んでいる方は、マリア灯籠を目標に行く人も多いかと思いますが、小堀遠州流の池泉回遊式の庭はのんびりと歩くのにとても気持ちのいい公園です。
 ぜひ園内散策と併せて楽しんでいただければと思います。

 吟風閣は京都御所の仙洞御所、中宮御所を建造した際に残った木材を利用して作られたといわれています。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:マリア灯籠
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る


0