TOP岡山の景色を楽しむ場所>鳴滝(新見市)

鳴滝

鳴滝

詳細

所在地:新見市菅生
別名:牛仙の滝
駐車場:あり

鳴滝とは

 新見市に鳴滝という滝があります。
 3段からなる滝で落差は30mの上に、上の写真のような角度からはその全ては見えない事もあり、パッと見た目には、それほど大きな滝ではありません。
 しかし中国山地から注ぎ込まれてくると言う水の量は非常に多く、力強い水の流れがもたらす迫力は、まさに名瀑と呼ぶにふさわしいものです。

 所在地は山の中の少し奥まった場所ですが、近くに駐車場があるので車で行く事が出来ます。
 駐車場からは徒歩で10分もあれば着ける場所です。この滝から少し歩いた場所には、対となる雌滝もあるので、体力に余裕があれば一緒に見学してみてはいかがでしょう。

名前の由来

 滝に近づくに連れて、だんだんと水の音が強くなっていくのが判ると思いますが、豊な水量から来る轟音こそが鳴滝の名前の由来にもなっています。
 この音は静かな時であれば2kmほど離れた場所からでも聞き取れると言われており、滝の豪快さを伺わせるエピソードとして知られています。

 また、『赤い着物を着た仙人が赤い牛を洗っていた』という言い伝えがあり、その事から牛仙(ぎゅうせん)の滝とも呼ばれています

マップ


大きな地図で見る



 -戻る-

関連リンク


写真:鳴滝の様子
写真提供:岡山県

ページトップに戻る