TOP岡山の景色を楽しむ場所>新渓園

新渓園

新渓園

詳細

所在地:倉敷市中央1-1-20
駐車場:周辺に有料駐車場有り

料金:見学無料(有料にて施設の利用可)
営業時間:9:00~17:00

新渓園とは

 倉敷美観地区にある新渓園は1893年に建築された建物です。
 倉敷紡績の初代社長・大原孝四郎の還暦のお祝いで作った別荘です。
 その当時は向邸の愛称で呼ばれていたそうです。

 1922年に息子の大原孫三郎さんが当時の倉敷町へ寄付され、大原孝四郎さんの雅号である【新渓】から新渓園と名付けられました。

 建物の外観は建築当時の趣きをそのままに留めていますが、内部は平成の時代に入って大きく改築され、敬倹堂という大広間と游心亭という茶室を中心としたものに作り変えられています。

施設の利用について

 建物を見学するだけの場合は、特に料金は掛かりません。
 伝統的な和風建築として評価の高い建物を愛でるもよし、美しく整えられた庭園に心を奪われてみるもよし。
 しかも無料、嬉しくなってしまいます。

 実は見学だけではなく、先述の広間・敬倹堂、茶室・游心亭といった施設は、有料で利用する事が出来ます。
 結婚式(披露宴は除く)で利用する事も出来るので、美観地区でのウェディングなんていかがでしょう…♪

 費用については倉敷コンベンションビューローのサイトをご確認下さい。

マップ





 -戻る-

関連リンク


写真:新渓園内部から見た庭園
写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る