TOP岡山の景色を楽しむ場所>衆楽園

衆楽園

衆楽園

詳細

国指定:名勝
所在地:岡山県津山市山北628
駐車場:無料駐車場有り
入場料:無料
見学可能時間:7:00~20:00(11月~3月の間は17:00閉園)
休日:無し、年中無休

衆楽園とは

 岡山県で有名な大名庭園といえば日本三大名園の一つ後楽園が有名ですが、それに劣らない美しい大名庭園として、津山市の『衆楽園』もあります。

 衆楽園は江戸時代初期に津山藩主だった森家が作った大名庭園で、太上天皇(退位した天皇)の御所である仙洞御所を参考に作られたと伝えられる回遊式庭園です。

 人工物を出来るだけ廃して、園内から見える中国山地を借景としています。
 園内の川や池は、高い透明度で、雄大な景色を引き立たせいます。

 改易によって津山藩主が松平家に代わった後も、引き続き接客や引退した藩主が景色を楽むのに用いられました。

歴史

 衆楽園という名称は、明治時代に入ってから付けられました。
 岡山市の後楽園も明治時代に入ってから名づけられた名称で、それ以前は御後園等と呼ばれていましたが、衆楽園にはそのような特定の名称は無かったそうです。

 現在の衆楽園は津山藩が利用していた際の1/3ほどの規模に縮小されており、建物なども復元されたものになっています。

 しかし後楽園が有料なのに対し、衆楽園は入場料が無料です。
 お財布に優しい日本庭園なのです。

マップ





 -戻る-

関連リンク


写真:衆楽園の風景
写真提供:岡山県

ページトップに戻る