TOP岡山にあったorないスポット>京山ロープウェー遊園

京山ロープウェー遊園

京山ロープウェー遊園・概要

無くなった理由:廃業
営業期間:1956年~1998年
(スカイガーデンとしては1999年~2007年)
建物:一部撤去

京山ロープウェー遊園とは


 かつて岡山市に京山ロープウェー遊園という遊園地が有りました。
 運営は路面電車などで知られる岡山電気軌道です。

 京山の山頂にある遊園地への移動の為にロープウェーが整備されていました。
 施設の名前はそれに由来します。

 遊具はどれも大規模とは言えないものでしたが、小規模ながら岡山市内を一望できる観覧車、ジェットコースター、サイクルモノレールなど、一通りの遊具が揃っていました。

 私自身も行ったことがありますが、ロープウェーが珍しかったので、遊具で遊んだ事よりもロープウェーでの移動が一番思い出に残っています。
 下が山麓駅、上が山頂駅という駅でした。 

 何故か後期になって戦闘機のF-104Jが展示されました。

廃業へ


 景気の後退の影響を受けで客足が減ってきていたところに、岡山県に大型のテーマパークが開業しました。
 1997年に開業した倉敷チボリ公園です。

 京山ロープウェー遊園はその影響を受け、1998年での廃業を決めました。
 翌年の1999年におもちゃ王国を展開するサンヨープレジャーが岡山スカイガーデンとしてリニューアルオープンしましたが、2007年に設備の老朽化を理由に廃止しました。

 現在、遊園地時代の多くの施設は解体、撤去されています。
 岡山スカイガーデンは現在、京山ソーラー・グリーン・パークという太陽光発電の研究や、太陽光発電を利用した野菜の生産施設になっています。

 シンボルタワーだった京山タワーはここで植物工場として利用されています。

恐怖のお化け屋敷


 京山ロープウェー遊園の夏の風物詩と言えば、お化け屋敷でした。
 非常に怖いと評判でした。

 テレビなどのCMでも充分に恐ろしく、京山ロープウェー遊園の名前を聞くと、背筋が冷えるという思い出のかたもいるのではないでしょうか。
 という事で、最後に当時の広告をご紹介します。

お化け屋敷

 こんな…ねぇ。本当に怖かったです。

 お化け屋敷以外の広告を見てみたい方はこちら→ダウンロード


 -戻る-

関連リンク


写真:京山タワー
写真提供:Googleマップ


ページトップに戻る