TOP岡山にないorあったスポット>ホテル ラ・レインボー

ラ・レインボー

ホテル ラ・レインボー


 倉敷市の鷲羽山ハイランドのすぐそばに見える、とても大きな塔のようなタワーを持つのがホテル『ラ・レインボー』の跡地です
 隣接する建物もまだ新しく、遊園地の駐車場の脇には看板がそのまま残されており、間違えてしまう方もいるかも知れません。
 しかしホテルは現在は営業していません。

瀬戸大橋の夢物語


 ラ・レインボーが作られたのは、瀬戸大橋が完成し、バブル経済の絶頂期を迎えていた頃です。

 瀬戸大橋は開通以前の当初の予測では、一日の交通量が48,000台とされていました。(本四公団の初期段階の想定、後に下方修正)
 この数字はレジャー関係を中心に、様々な企業から魅力的な数字として受け入れられました。
 そして橋の架かる岡山・香川の両県で様々な計画・事業が立ち上げられました。

ラ・レインボーとは


 ラ・レインボーも瀬戸大橋ブームを見越して誕生した施設です。
 運営母体はゴルフ場経営をしていた企業です。(後に民事再生、2010年に清算済)

 観光道路である鷲羽山スカイラインや、県下最大の遊園地である鷲羽山ハイランドと隣接。
 更に瀬戸内海を一望できる好立地から大規模なドライブインとして開業しました。

 前述のタワーは国内ではもちろん、世界的にも最大規模のもので、瀬戸大橋開通時には多くの客が壮観な風景を楽しみました。
 ※展望タワーの利用料金は800円

 ちなみに展望タワーは2016年現在でも、岡山県内で最も高い塔です。
 

経営の頓挫

 しかし、二つの不幸な事態がラ・レインボーに降りかかります。

 まず一つは、瀬戸大橋の交通量の低迷です。
 高額な通行料が災いしたのか、当初の予想に届かない交通量でした。
 これは大幅な値下げが行われるまで慢性的に続きます。

 そしてもう一つがバブル経済の崩壊と呼ばれる景気の失速です。
 当時の日本は株価や地価などの資産価値が急激に上昇した事で好景気を迎えていましたが、既に実体経済を大きく超えており、やがて実体のない後継機は終わりを告げました。
 これでラ・レインボーなどのレジャー施設は大打撃を受けました。

 この二つの影響でラ・レインボーはホテルへの業態変更などの施策を続けながらも、1997年に休業となりました。

 建物がそのまま残され、再利用されることも無いままになっています。




 -戻る-

関連リンク


写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る