TOP岡山の観光地岡山のパワースポット>出雲大社備中分院

出雲大社備中分院

出雲大社備中分院

詳細

所在地:高梁市下町129
祭神:大国主大神
駐車場:無し

出雲大社備中分院とは

 備中高松城の城下町周辺にあたる下町の一画に、出雲大社の備中分院があります。

 出雲大社の分院は西日本、特に中国地方に多く見られる神社です。
 岡山県内には他に岡山分院(岡山市)、美作分院(津山市)があります。
 これらの分院は出雲大社の境内に本部を置く出雲大社教の神社です。
 明治時代の神道国教化の流れの中で、出雲大社は出雲信仰の布教が禁じられる形になってしまいます。
 この時に出雲大社の大宮司である千家尊福は、その職務を辞しての出雲教の開祖となる事を決めました。
 出雲大社教は出雲大社、国家神道から離れた宗教法人であり、神道国教化の流れから離れて布教などの活動を続ける事が出来るようになったのです。

 1951年には出雲大社と統合されていますが、現在でも宗教法人としては別団体として残されています。
 ただし職員は出雲大社と出雲大社教を兼務する形にが取られています。

神社の様子


 備中分院
 分院の建物は非常に立派なものですが、神社の敷地は余り広くありません。
 城下町から近い良い立地の為でしょうか。

 境内に入ると社務所の様な建物が、少し拝殿にカブっています。

マップ




 -戻る-

関連リンク


写真:出雲大社備中分院
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る


00.