TOP岡山の観光地岡山のパワースポット>御韓神社

水商売の人たちが祀った御韓神社

詳細

通称:おきゃらぐう
祭神:素戔嗚尊、大己貴命、少彦名命

所在地:笠岡市笠岡・正寿場町

駐車場:無し

御韓神社


 笠岡市笠岡の県道34号から細い路地に入った場所に御韓神社という小さなお社があります。
 読み方は判りませんが、現地の案内によると「おんからぐう」が訛って「おきゃらぐう」と呼ばれていたようです。
 なので読み方は「おんから神社」でしょうか。

 神社は元禄時代(17世紀末~18世紀初頭)に勧請されたと伝えられています。
 当時周辺は正寿場町と呼ばれ、詳しくは後述しますが風呂屋が幾つかある歓楽街のような場所でした。
 この社はそこで働く水商売の人々が祀ったそうです。

 現地の貼り紙によると、建物の中にある祠に狐が二匹収められています。
 現在の祭神におは数えられていませんが、元々は商売の神と知られるお稲荷様を祀っていたのではないでしょうか。


風呂屋と湯女


 周辺は正寿場町と呼ばれる地区で、古くは風呂屋町とも呼ばれていました。
 この呼び方は風呂屋があった事ですが、どうやらここでいう風呂屋は単なる入浴施設ではなく遊里として機能する風呂屋だったようです。

 湯女(ゆな)と呼ばれる女性従業員がいました。
 彼らは背中を流したり、髪すきをしたり…といった入浴の補助を仕事としていましたが、それだけではなく性的なサービスを提供するようになりました。

 今回紹介した御韓神社はそうした仕事に従事した人々が祀ったのでしょう。

マップ



 -戻る-

関連リンク


写真:御韓神社
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る


00.