TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市真備地域

地名の由来:真備

地名の由来

 倉敷市の真備地区は、平成の大合併で2005年に倉敷市へ編入しました。

 真備町は遣唐使として海を渡り、日本へ多くの知識をもたらした『吉備真備(キビノマキビ)』の生誕の地の候補地の一つとして知られています。
 地名もその名前から採用されています。
(※吉備真備の生誕地には幾つかの説が有り、岡山県内でも矢掛町がその候補地として知られています)

 読み方をそのままマキビとしなかったのは、地名としての読みやすさを優先した為だそうです。

真備と金田一耕介

 ところで真備町が生み出した著名人に、フィクションのある名探偵がいます。

 それが金田一耕介です。
 作者である横溝正史さんは、戦時中に真備に疎開していました
 金田一耕介はその真備滞在時に生み出されたキャラクターです。

 疎開中に聞いた地方の様々な習慣などが作品中に反映されており、愛好家からは岡山編などと呼ばれる、岡山の地を舞台とする作品も多数生み出されています。



 -岡山の地名一覧へ戻る-

関連リンク


写真:真備町の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る